トピックス

広島県内11地点で35度以上 山口市は38・1度【動画】

2020/8/18 20:22

強い日差しの中、日傘を差して広島市中区の本通り商店街付近を行き交う人たち=18日午後1時27分(撮影・川村奈菜)

 中国地方は18日も猛暑となった。80の観測地点のうち、広島市中区など28地点で最高気温が35度以上の猛暑日となった。広島地方気象台は、19日も高温が続くとして熱中症への注意を呼び掛けている。

 広島県内では19地点のうち11地点で猛暑日となり、安佐北区(37・4度)や三次市(36・2度)など6地点で今年最高を更新した。36・0度を記録した中区の本通り商店街一帯では、照りつける日差しの下、マスク姿の買い物客たちが汗を拭っていた。

 中国地方でこの日最も気温が高かったのは山口市の38・1度。この他は、岩国市広瀬37・8度▽岡山市北区37・4度▽島根県津和野町36・8度▽廿日市市36・0度▽東広島市35・9度▽府中市35・8度▽福山市35・0度―などだった。

 広島県内の各消防によると、18日午後6時現在、熱中症とみられる症状で33人が搬送された。同気象台は「小まめな水分補給や、冷房による室温調節などを心掛けてほしい」と求めている。(小林可奈)

【関連記事】

21日にかけ猛暑注意 広島市中区など中国地方11地点

うだる暑さ、熱中症注意 広島市中区で初の猛暑日

熱中症搬送、前週比1・8倍361人 中国5県、7月27日〜8月2日

子どもの夏、様変わり 学校現場は熱中症対策

広がる子ども日傘 熱中症対策、距離取ってコロナにも


この記事の写真

  • うだる暑さで景色が揺らいで見える街中を行き交う人たち(18日午後3時、福山市のJR福山駅前)
  • 炎天下、山口市の一の坂川交通交流広場で噴水を浴びる子どもたち(18日午後1時10分)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧