• トップ >
  • >
  • 市復興ビジョン、整備半ば 5割強は未完了【動画】

トピックス

市復興ビジョン、整備半ば 5割強は未完了【動画】

2020/8/18 21:53

広島市安佐南区八木・緑井地区の渓流に建設された砂防ダム群。手前中央は県営緑丘住宅=12日(撮影・高橋洋史)

 広島市が広島土砂災害後にまとめた「復興まちづくりビジョン」は、ハード整備に重点的に取り組む集中復興期間を終え、2020年度から継続復興期間に入った。しかし、建設業者の人手不足などのため、集中復興期間内の整備を予定した箇所のうち5割強は完了していない。

 19年度末までの集中復興期間では、雨水排水施設や市道など94カ所の整備を計画。うち期間内に完了したのは42カ所にとどまり、安佐南区八木・緑井地区の山際を走る広域避難路「長束八木線」(延長1500メートル)の完成もずれ込んだ。
(ここまで 239文字/記事全文 621文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 一帯に大量の土砂が流れ込んだ八木・緑井地区(2014年8月20日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事