• トップ >
  • トピックス >
  • 山口県で11人新型コロナ 盆で会食、3市の8人感染 クラスター可能性も

トピックス

山口県で11人新型コロナ 盆で会食、3市の8人感染 クラスター可能性も

2020/8/20 22:52

山口県庁

 山口県は20日、県内で11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の感染確認では最多。山口、下松、宇部、山陽小野田の4市の10歳未満〜60代の男女。うち8人は盆に同じ家で会食し、県はクラスター(感染者集団)の可能性もあるとしている。県内の感染確認は98人となった。

 8人は山陽小野田市の60代男女、40代女性、30代女性、10代女性、10歳未満女児のほか、山口市の40代女性と下松市の30代男性。うち60代男性は11日に県外の人とゴルフをして15日に発熱した。ほか7人は14日に60代男性の家での会食に参加した家族や親族という。県は会食の参加人数は明らかにしていない。

 残る3人のうち宇部市の20代男性は、19日に感染が確認された山陽小野田市の中国電力新小野田発電所で働く請負会社の作業員の同僚。山陽小野田市の10代男性は別の作業員の家族。あとは山口市の50代男性。(渡辺裕明) 

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

【関連記事】
コロナ禍 法要どうする

ユーチューバーは徳山大卒 学生感染の大学側が会見【動画】

宇部で新たに2人感染 新型コロナ

広島市で4人感染 新型コロナ、1人はマツダ従業員

松江の60代女性は高校クラスター関連 新型コロナ、感染105人に

妊婦PCR検査、広島・山口・岡山県が実施へ 費用は国負担



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧