• トップ >
  • トピックス >
  • 七回忌に防災への思い強く 広島土砂災害6年 感染懸念で規模縮小も

トピックス

七回忌に防災への思い強く 広島土砂災害6年 感染懸念で規模縮小も

2020/8/20 22:47

梅林小の慰霊碑前に設けられた献花台に花を手向け、手を合わせる遺族=20日午前9時45分、広島市安佐南区(撮影・高橋洋史)

 77人が犠牲になった広島土砂災害から6年となった20日、広島市安佐南、安佐北両区の被災各地では、自治会や自主防災会などによる追悼行事が開かれた。新型コロナウイルス感染防止のため規模を縮小するなどして開催。七回忌に当たるため、この日を区切りとし、最後の合同法要を営んだ寺もあった。

 安佐南区八木3丁目の大国神社では、地元の上楽地町内会が献花台を設置した。これまで追悼式を開いてきたが、感染拡大を受けて取りやめた。河口哲会長(74)は「自由に献花してもらうことで祈りをささげたい」と話した。

 災害当時に避難場所となり、慰霊碑が立つ近くの梅林小にも献花台が設けられた。例年、梅林学区自主防災会連合会が追悼式典を催していた。遺族や住民たちは白や黄の菊を手向け、手を合わせた。主婦松野宏子さん(76)は「もう二度とこのようなことが起きてほしくない」と願った。

 3人が亡くなった安佐北区可部東6丁目の新建団地では、新建自治会が追悼献花式を開催。自治会役員たち約40人がマスク姿で参列。分散して献花するよう呼び掛けたこともあり、式の参列者は昨年より10人ほど少なかった。梅野照幸顧問(67)は「8月20日は特別な日。式を無事に終え、防災への思いはより強まった」と力を込めた。

 一方、浄楽寺(安佐南区八木4丁目)では、浄土真宗本願寺派安芸教区の沼田組(そ)(30寺)による七回忌法要があり、住民や僧侶たち約40人が読経した。法要は今年で最後とする。前組長で勝想寺(同区祇園2丁目)の龍田秀明住職(64)は講話で「災害を風化させてはいけない。亡くなった方をしのび、どんな災害だったかを語り継いでほしい」と訴えた。 

【関連記事】
教訓継承、防災誓う 広島土砂災害6年 追悼行事、住民ら祈り深く【動画】

月日流れても会いたい 広島土砂災害6年、受け入れられぬ遺族も

広島土砂災害6年、慰霊の朝 教訓継承誓う【動画】

娘の生きた証しここに 広島土砂災害6年、湯浅みなみさん両親へ同級生が手作りアルバム

【あの日から 広島土砂災害6年】<1>息子の自転車 2年後に届いた贈り物

被災10地域で人口増 20日広島土砂災害6年 対策工事完了・流出に歯止め


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧