トピックス

組員、発砲認める供述 岩国発砲事件、帰宅待ち伏せか

2020/8/20 22:57

岩国署

 岩国市で15日夜に特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下組織の前原順一幹部(52)が銃で撃たれ重傷を負った事件で、岩国署が銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した特定抗争指定暴力団山口組傘下組織の組員で住所不詳の上田高裕容疑者(33)が、発砲を認める供述を始めたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、前原幹部が外出先から帰宅した際に撃たれたことも判明。県警は待ち伏せして狙われた可能性があるとみている。

 上田容疑者はこれまでの調べで拳銃の所持については容疑を認めたものの、発砲事件は黙秘を続けていた。捜査関係者によると、新たに発砲への関与は認める一方、動機や逃走経路などは黙秘しているという。県警は身代わりの可能性も含め調べを進める。

 事件は15日午後9時15分ごろ、岩国市装束町4丁目で発生。前原幹部は自宅近くの路上で複数回撃たれ、自力で玄関先まで戻ったのを家族が発見し110番した。上田容疑者は17日午前10時40分ごろ、岩国署に「前原さんの件で出頭してきた」と自首。回転式拳銃1丁を所持していた。

【関連記事】
岩国で発砲、組員3発撃たれ負傷 容疑者は逃走

容疑者逃走に住民から不安の声 岩国発砲事件、一夜明け

山口組傘下組員を送検、愛知拠点の「篠原会」 岩国発砲事件【動画】

岩国発砲事件 各地で抗争、飛び火警戒

岡山で発砲、組幹部負傷 山口組系組員逮捕、抗争か

山口組と神戸山口組を「特定抗争」指定へ 銃撃事件受け岡山、島根など4県公安委


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧