トピックス

山口組分裂抗争色濃く 岩国発砲1週間 小規模組織を標的か

2020/8/21 23:46

前原幹部の自宅(左側)周辺を調べる県警の捜査員(16日午前9時37分)

 岩国市で15日夜に特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下組織の幹部が銃で撃たれた事件は22日、発生から1週間となる。拳銃を持って自首した特定抗争指定暴力団山口組傘下組織の組員の男は発砲の関与を認める供述を始め、犯行前の情報なども聞こえてくる。山口組分裂を巡っては各地で抗争事件が相次ぐ。山口県警は今回の銃撃への関与や一連の抗争との関連を調べている。

 県警によると、撃たれたのは神戸山口組系「喜竜会」の前原順一幹部(52)。関係者によると、逮捕された上田高裕容疑者(33)が所属する山口組傘下の「篠原会」は愛知県に拠点を置き、構成員20〜30人の規模という。事件前にすでに破門になったと上田容疑者が話しているとの情報もある。

 山口組は2015年8月に神戸山口組が分裂後、各地で双方の構成員が襲撃されるなどの事件が続く。関係者によると、19年11月に兵庫県尼崎市の路上で神戸山口組の幹部が射殺された事件で逮捕された男はかつて篠原会に所属していたという。

 中国地方にも抗争は飛び火した。今年5月には岡山市北区で神戸山口組系組織の幹部が撃たれ、米子市の山口組系組織の幹部が逮捕される事件も発生した。

 今回幹部が撃たれた喜竜会は構成員が数人程度。ある捜査関係者は「組同士の対立関係がなくても敵対勢力が名を上げるために小さな組は狙われやすい」と指摘する。

 県警が把握する県内の暴力団組織は5月末現在、4団体20組織の約200人。神戸山口組傘下は喜竜会のほか、周南、下松市に1組織ずつの計3組織あり、山口組傘下は岩国に1組織ある。下関市に本部を置く合田一家を除き、いずれも小規模で目立った動きはない。

 岩国での銃撃事件について県暴力追放運動推進センターの木村文彦専務理事は「小さな組織でも暴力団がいる限り、今回のような事件が起こることは明らかだ。暴力団排除へ意識を高めたい」と力を込める。事件を受け、センターや岩国署は25日に市内で急きょ連絡会議を開く。住民や学校関係者と事件の情報を共有し安全対策を協議する。(暴力団取材班)

【関連記事】
組員、発砲認める供述 岩国発砲事件、帰宅待ち伏せか

山口組傘下組員を送検、愛知拠点の「篠原会」 岩国発砲事件【動画】

容疑者逃走に住民から不安の声 岩国発砲事件、一夜明け

岩国で発砲、組員3発撃たれ負傷 容疑者は逃走

岩国発砲事件 各地で抗争、飛び火警戒


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 島根、他県連携に望み コロナ巡る経済支援で政府と溝 (2/27)

     ▽聖火「ひも付け」壁に 島根県の丸山達也知事が県内での東京五輪聖火リレーの中止検討を表明し、政府に新型コロナウイルス対策を要請した事態を巡り、両者の溝が浮き彫りになっている。感染者の少ない地域の飲食...

  • 「五輪ありき」広がる違和感 島根県の丸山知事発言、SNSで共感 (2/27)

     ▽「地方無視では応援できない」 島根県の丸山達也知事による聖火リレーの中止検討の表明は、会員制交流サイト(SNS)上でも反響を呼び、発言のたびに書き込みが相次ぐ。17日の表明から10日間、新型コロナ...

  • 差別・不正義、闘い続け 小森龍邦氏死去に惜しむ声 (2/27)

     旧社会党の元衆院議員で、部落解放同盟県連顧問の小森龍邦氏の訃報を受け27日、県内の関係者から惜しむ声が挙がった。 高校時代からの付き合いで衆院議員時代には秘書を務めるなど長年、部落解放運動を支えた岡...

  • 被爆者でノンフィクション作家の関千枝子さん死去  (2/27)

     広島市内で被爆し、「広島第二県女二年西組」などの著書で知られるノンフィクション作家の関千枝子さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都品川区内の自宅で死去した。88歳。通夜は3月4日午後6時から、告別式...

  • 岡山県で1人感染、27日新型コロナ (2/27)

     岡山県で27日、新たに1人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県などによると、岡山市の1人で軽症という。 【関連記事】【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況岡山県知事、支援...