地域ニュース

半月板新治療の治験へ 広島大院、特殊タンパク質使い修復・再生

2020/8/21 23:00

 広島大大学院の安達伸生教授(膝関節外科)らの研究チームは、損傷した膝関節の半月板を修復したり再生したりする新たな治療法の開発に向け、特殊なタンパク質を使った治験を実施すると発表した。日本医療研究開発機構(東京)の支援事業に採択され、2027年3月までに、まずは修復術の実用化を目指す。
(ここまで 143文字/記事全文 590文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧