トピックス

わなにかかったクマに襲われ男性けが 庄原市高野

2020/8/22 23:36

 22日朝、庄原市高野町和南原の畑付近で、同町の70代男性が、イノシシ用のわなにかかっていたツキノワグマに襲われて顔や手にけがをした。市内の病院に運ばれたが、命に別条はないという。クマは射殺された。

 市高野支所などによると、クマは成獣の雌で体長約1メートル、体重約45キロ。男性は市の委嘱を受けた有害鳥獣捕獲班の一員で、わなの様子を見回っていた。畑付近の茂みでワイヤ状のわなにかかったクマを発見し、近づくと襲われたという。顔と頭に切り傷を負い、右手親指を骨折した。男性は自宅へ帰り、午前8時20分ごろ119番した。

 現場は同支所の北約4キロ。山あいに田畑があり、民家が点在している。(小島正和)

【関連記事】

みよし風土記の丘にクマの幼獣? 一部立ち入り禁止に

クマ目撃増加、人的被害に専門家注意訴え 6月、19年比1・2倍

山口県、HPでクマ注意喚起 生ごみ放置ダメ/山では笛携帯…

ジョギング男性、クマに襲われ負傷 周南、背後から抱きつかれる

クマ目撃情報が増加傾向 島根県内


この記事の写真

  • ツキノワグマが出没した現場。クマは奥中央の茂みに仕掛けられたわなにかかり、近づいた男性を襲った。手前は別のわな

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧