地域ニュース

【陸上】桐生10秒14でV、山縣は決勝進めず セイコーGP男子100

2020/8/24 8:33
男子100メートルの予選で3着に終わった山縣(撮影・浜岡学)

男子100メートルの予選で3着に終わった山縣(撮影・浜岡学)

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京・国立競技場で行われ、男子100メートルは前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が向かい風0・2メートルの決勝を10秒14で制した。1年3カ月ぶりのレースに臨んだ山縣亮太(セイコー、広島・修道高出)は予選で向かい風0・3メートルの10秒42で3着に終わり、決勝に進めなかった。
(ここまで 164文字/記事全文 996文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧