地域ニュース

地域の寺に残る古文書を解読 東広島の研究会メンバーが冊子に

2020/8/24 13:58
冊子を手に編集作業を振り返る菅野さん(左)と田坂さん

冊子を手に編集作業を振り返る菅野さん(左)と田坂さん

 東広島郷土史研究会の菅野晃行さん(87)=東広島市=と田坂次彦さん(79)=広島市西区=が、東広島市西条町西条の教善寺に伝わる古文書「御国法諸書附控(ごこくほうしょかきづけひかえ)」を解説した冊子を発行した。崩し字を解読し、用語の説明などを加えた労作。「手に取って、地域の歴史に関心を深めてほしい」と願う。
(ここまで 154文字/記事全文 671文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧