地域ニュース

お助けマンに困り事任せて 大竹・松ケ原の住民グループ、害獣柵や電池交換

2020/8/24 22:22
イノシシ対策の鉄製の柵設置をお願いした村中さん(中)と、お助けマン代表の北さん(右)

イノシシ対策の鉄製の柵設置をお願いした村中さん(中)と、お助けマン代表の北さん(右)

 大竹市山間部の松ケ原町で、地域住民のちょっとした困り事を解決する住民ボランティアグループ「お助けマン」が活躍している。70代を主とする男女16人がメンバー。「地元での助け合いが大切」と昨年10月に始動し、害獣対策の柵を設置するなどして18件を解決した。
(ここまで 127文字/記事全文 661文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧