地域ニュース

流川火災、ビル解体着手 月末までに終了の予定(2015年11月5日掲載)

2020/8/25 9:49
3人が亡くなった火災が発生し、取り壊し作業が始まった雑居ビル(広島市中区流川町)

3人が亡くなった火災が発生し、取り壊し作業が始まった雑居ビル(広島市中区流川町)

 3人が亡くなった広島市中区流川町の雑居ビル火災で、全焼したビルの取り壊し作業が4日、始まった。月末までに終える予定。

 メードカフェや居酒屋が入り、火元となった木造一部軽量鉄骨2階建てのビルと、隣接した木造2階建ての建物を取り壊す。この日は作業員3人が北側に足場を組み、防音シートを張った。6日から重機を使った解体を始めるという。

 火災は10月8日夜に発生。広島中央署によると、メードカフェの2階の男性客2人と女性従業員1人が急性一酸化炭素中毒で死亡。同じスペースにいた男女3人が重軽傷を負った。

 広島県警は、ビル1階南側の物置スペースが火元とみて、放火と失火の両面で出火原因を調べている。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧