地域ニュース

【陸上】トップ選手と駆けた夢の100メートル 崇徳高の後藤、応募で選ばれセイコーGP出場

2020/8/26 8:13
国立競技場のトラックを駆け抜けた後藤(右)=撮影・浜岡学

国立競技場のトラックを駆け抜けた後藤(右)=撮影・浜岡学

 東京五輪のメインスタジアムとなる国立競技場で、広島の高校生が国内トップスプリンターに挑んだ。23日にあった陸上のセイコー・ゴールデングランプリ男子100メートル。崇徳高3年の後藤達樹が全国応募で選ばれ出場した。「トップ選手はスタートから違った」。大舞台でのレースに大きな刺激を受けた。
(ここまで 143文字/記事全文 673文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧