地域ニュース

戦闘機4機増、国の説明に岩国市長「騒音増加を懸念」 米軍岩国基地の追加配備計画

2020/8/26 16:05
垂直着陸を前にホバリングする岩国基地所属のF35B(撮影・山下悟史)

垂直着陸を前にホバリングする岩国基地所属のF35B(撮影・山下悟史)

 岩国市の米軍岩国基地に米海兵隊が最新鋭ステルス戦闘機F35Bを追加配備する計画について防衛省は26日、市に説明した。既存のFA18ホーネット戦闘攻撃機12機を段階的にF35B16機に更新する。岩国基地所属の米軍機は4機増えることになり、福田良彦市長は騒音の増加を懸念した。

 防衛省の鈴木敦夫地方協力局長と森田治男中国四国防衛局長たちが市役所を訪問。国側は「安全保障環境が厳しさを増す中、日本とアジア太平洋地域の安定に寄与する」と配備への理解を求めた。

 F35Bは短距離離陸・垂直着陸が可能でレーダーに探知されにくい高いステルス性が特徴。計画では10月以降、岩国基地のFA18ホーネット1部隊12機を米本土へ移し、新たにF35B1部隊16機を配備する。基地所属のF35Bは16機から32機となる。

 具体的な配備の開始や終了時期は「新型コロナウイルスの影響もあり、米側で調整中」とし、人員の増減も「米側に情報提供を求めている」とした。

 福田市長は「騒音が増えることを懸念している」と述べ、市民生活への影響を見極めるため騒音予測図の作成を国に要望したほか、疑問点を整理して国の説明を求める考えを示した。

 鈴木局長たちはこの日、山口県庁に村岡嗣政知事も訪ね配備計画を説明した。

 岩国基地へのF35Bの配備を巡っては、米海兵隊が2017年1月、米国外で初めてFA18ホーネット12機との入れ替えで10機を導入。同年11月にはAV8Bハリアー攻撃機8機に替わって6機を加えた。19年に公表した米海兵隊の航空計画でも順次、FA18ホーネットをF35Bに更新する方針を示していた。(永山啓一)

【関連記事】

米軍機墜落の要因伝達 18年高知沖、岩国市・山口県に防衛省

米軍機騒音16・8%増 広島県

異端の岩国 <中> 国防に協力の特別感 注ぐ基地マネー、幅広く

山陽小野田でクラスター 山口県が初の認定 接待伴う飲食店、新型コロナ

逆風下、お祝いムード薄く 在職最長、首相の地元山口で看板や横断幕


この記事の写真

  • 福田市長(右端)に米軍がF35Bを追加配備する計画を説明する防衛省の鈴木地方協力局長(左から2人目)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧