地域ニュース

感染治療の生徒40人退院、松江の高校クラスター SNSで誹謗中傷、島根県などが調査

2020/8/26 21:36
記者会見で新型コロナウイルスの感染者を支援するよう求めた松浦市長

記者会見で新型コロナウイルスの感染者を支援するよう求めた松浦市長

 松江市の私立立正大淞南高サッカー部の寮で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)で、9日以降に相次ぎ感染が確認され、入院していた生徒全員が退院した。9月初旬の学校の再開に向け、市は学校周辺地域に文書を配るなどして理解を求めている。生徒に対する誹謗(ひぼう)中傷が会員制交流サイト(SNS)を中心に相次いだ問題では、島根県や松江地方法務局が調査に乗り出している。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 市は24日までに、感染した生徒96人のうち、入院していた40人が退院したと発表。寮内で療養中の生徒も近く、療養が解除される見込みだ。同校は、分散登校の形で再開する予定にしている。

 市は今月中旬、周辺の大庭地区に、生徒の現状などを説明した文書約3500枚を配布。地元自治会の要望を受け、月末には住民説明会を予定する。住民の不安を和らげ、再開への理解を求めたいとする。
(ここまで 395文字/記事全文 1282文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧