地域ニュース

江の川浸水は63カ所 広島・島根、7月の豪雨

2020/8/26 23:00

 中国地方整備局は、島根、広島両県を流れる江の川が氾濫した7月の豪雨について、流域で計63カ所の浸水被害を確認したとの最終報告をまとめた。氾濫による浸水は50カ所で、防災ヘリの映像を基にした被災直後の速報値(25カ所)から倍増。被災面積、家屋は318・4ヘクタール、126戸となった。

 島根県内で浸水したのは江津市28、川本町6、美郷町13、邑南町3の計50カ所で、264・7ヘクタール、104戸。河口から3〜90キロの広範囲に分布し、速報値に比べ、面積は41・4ヘクタール増えた一方、被災家屋は地上で詳しく調査した結果、39戸減った。

 防災ヘリの画像では確認されていなかった広島県内では、支流の神野瀬川や西城川沿いを含め、三次市10、安芸高田市3の13カ所の53・7ヘクタール、22戸の浸水被害が新たに分かった。
(ここまで 357文字/記事全文 686文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧