地域ニュース

教員被爆手記、平和教材に 故尾形さん、子供たちに二度と戦争の憂き目を見せない様に

2020/8/28 13:58
尾形さんが被爆から5年後に体験と思いをつづった手記。「戦争はいやだと、子供は云う」などと記されている

尾形さんが被爆から5年後に体験と思いをつづった手記。「戦争はいやだと、子供は云う」などと記されている

 戦後に本川小(広島市中区)などの教員を務めた尾形静子さん(1971年に44歳で死去)が被爆5年後につづった手記が、本川小に寄せられた。「ピカがにくい」―。被爆から早い時期の生々しい記憶を基に、心身に深い傷を負った体験を通して戦争を繰り返してはならないと訴える。貴重な資料は、同小などが平和教育のために活用する。
(ここまで 156文字/記事全文 966文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 尾形さんの手記の活用について意見を交わす本川小の岡田校長(奥右)たち
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧