地域ニュース

ブドウ、梨狩りスタート 周南の須金フルーツランド

2020/8/29 19:52
ピオーネを大切に育てる山本さん

ピオーネを大切に育てる山本さん

 14の観光農園が集まる周南市須金地区の須金フルーツランドは、ブドウ狩りと梨狩りの今季の営業を全面的に始めた。今年は梅雨が長引いた影響などで実は小ぶりだが、糖度は高いという。10月中旬まで。

 ブドウは黒のピオーネや巨峰、緑のシャインマスカット、赤の安芸クイーンなど幅広い品種を用意。梨は豊水や二十世紀などを露地栽培する。

 ブドウは重さに応じて量り売りし、1キロ1400円から。梨は入園料1100円で1個を試食し4個を持ち帰ることができ、入園料無料の量り売りもある。

 山本ぶどう梨園の山本誠治さん(41)によると、新型コロナウイルスで遠出の自粛ムードが広がるためか例年より山口県内の客が多いという。山本さんは「各園で感染防止に細心の注意を払い、みなさんをお待ちしている」と呼び掛ける。開園は午前9時〜午後5時。ふれあいプラザ須金=電話0834(86)2000。

【関連記事】

津和野駅そばにSL展望台、催し広場も

SL安全に楽しんで 1日から運行、感染予防策公開

日御碕に星野リゾート

星野リゾート、「界 長門」12日開業

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧