• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県のコロナ「第2波」 感染数、第1波を上回る 重症者割合は減少

トピックス

広島県のコロナ「第2波」 感染数、第1波を上回る 重症者割合は減少

2020/8/31 23:18

 広島県で確認された新型コロナウイルスの感染者数は、7月以降に押し寄せている「第2波」の方が、4月中旬をピークとする第1波を大きく上回っている。しかし、重症者の割合は下がり、緊急事態宣言も出ていない。二つの波はどう違うのか。県のデータを基に探る。

 ▽年代と感染経路

 県が3月7日に初めて感染者を公表してからの第1波の感染者(再陽性を含む)は計168人。これに対し、7月からの第2波は269人(8月18日まで)に上り、第1波の1・6倍に膨らんでいる。

 年代別にみると、重症化しやすい60歳以上の割合は、第1波は23%だったが第2波では12%に下がった。その一方、行動範囲の広い40代未満の感染者は、第2波で54%を占め、第1波を11ポイント上回った。

 県健康福祉局は「若い人はクラスター(感染者集団)の発生した飲食店などでの感染も目立つが、経路が分からない場合も多い」と説明する。実際、第2波では感染経路が分からない人の割合は5割に迫り、第1波の3倍近くになっている。広島大病院救急集中治療科の志馬伸朗(しめ・のぶあき)教授は「どこで感染したかが分からない人が多いのは、市中にウイルスがまん延している一つの現れ」と指摘する。

 ▽重症度

 重症者は第1波の3人(感染者の1・8%)から、第2波では2人(0・7%)に減った。死者は5月までが3人で、その後はいない。東京や大阪と比べて、人口当たりの重症者数は少ない。全国的にも、第2波では死者と重症者が減っている。日本感染症学会の舘田(たてだ)一博理事長は「重症化しやすい高齢者の感染割合が下がり、医療機関での院内感染も減ったため」と分析する。

 ▽入院日数と病床使用率

 平均入院日数は第1波では25・8日だったが、第2波では9・2日と2週間以上短くなった。感染者の退院の条件が変わったため。当初は、陰性2回の確認が必要で、軽症でも1カ月以上入院する人が目立った。国は6月12日、発症から10日間が過ぎ、症状が軽くなって72時間たてば退院できるように条件を見直した。医療の負担軽減につながり、入院患者を診ている県内の医師も「受け入れる医療機関は比較的落ち着いている」と話す。

 その背景には、感染者向けの入院病床の拡充が段階的に進んでいることもある。第1波の病床使用率のピークは4月23日の49・1%で、175床のうち86床が埋まった。それが第2波では、8月2日に最多の121床を必要としたが、261床を確保していたため使用率は46・4%に収まった。

 県の担当者は「第1波の時は手探りで、協力医療機関やホテルの調整にも追われた」と振り返る。「現時点では最大500床まで増やせる。安心してもらえる患者の受け入れ態勢の整備に尽くしたい」という。

 ▽検査

 検査の数も第2波で増えた。1日の平均の検査数は、第2波は175人。第1波(陽性者が出ていた期間)と比べると2倍を超す。県は、身近なかかりつけ医が唾液で検査する仕組みも整え、今後はさらに検査が受けやすくなる見込みだ。

 県内は第2波が収まりつつあるとみられる一方、第3波も必ず来るという見方が一般的だ。

 広島大大学院の田中純子教授(疫学・疾病制御学)は「意識と行動を変えれば、爆発的な拡大を抑えられることが分かってきた。しばらくは対策に強弱を付けながら、新型コロナと付き合っていくしかない」と話している。(衣川圭) 

【関連記事】

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

広島県が独自警戒基準 新型コロナ対策強化の目安

迅速派遣へ医療チーム クラスター発生施設支援、広島県が秋に発足

療養ホテル3カ月で2億9400万円 広島県借り上げ料、利用12人

妊婦PCR検査、広島・山口・岡山県が実施へ 費用は国負担

QR活用、「感染者と接触可能性」メール通知 広島県、店・イベント会場向け


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧