地域ニュース

ミステリー小説で明王院PR 福山の三谷さん、自費出版

2020/9/1 9:59
五重塔を表紙にした小説を手にする三谷さん

五重塔を表紙にした小説を手にする三谷さん

 福山市草戸町の三谷干城(たてき)さん(74)が、小説「草戸千軒哀歌ミステリー やぐらは語る」を自費出版した。芦田川の中州から遺構が見つかった中世の港町「草戸千軒町」や、同町の明王院の歴史的価値を伝えようと執筆した。
(ここまで 108文字/記事全文 407文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧