地域ニュース

257億円予算措置へ サッカー場計画で広島市、県の負担額や寄付を見込む

2020/9/1 23:48
サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)。市は建設に向けた財源の内訳を明らかにした

サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)。市は建設に向けた財源の内訳を明らかにした

 広島市は1日、中区の中央公園広場へのサッカースタジアム建設計画で、2021年度から4年間の本体工事費など257億400万円をあらかじめ確保する予算措置をすると正式に発表した。市と広島県の負担額をそれぞれ44億700万円と想定し、地元経済界から10億円の寄付を見込む。20年度一般会計補正予算案に盛り込み、11日開会予定の市議会定例会に提出する。
(ここまで 173文字/記事全文 682文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧