• トップ >
  • トピックス >
  • 台風9号で山口県西部在来線の2日運行終了を3時間程度前倒し JR西日本 

トピックス

台風9号で山口県西部在来線の2日運行終了を3時間程度前倒し JR西日本 

2020/9/2 16:07

JR西日本広島支社

 台風9号の接近を受けてJR西日本広島支社は2日、山口県西部の在来線を同日夜は通常よりも3時間程度早く運行を終了すると発表した。

 同支社によると、新山口より西側の山陽、山陰、宇部、小野田の各線は午後7〜8時台に出発する便を最後に運行を取りやめる。

 また山陰線下関―長門市間は同2時半以降、山陽線岩国―下関間は同3時半以降、それぞれおおむね1時間に上下各1本に減便。山口線新山口―山口間も同6時半以降に同様の運行本数に減らす。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧