地域ニュース

野犬の出没情報、市民が通報 周南市がアプリ導入、地図上に「犬」のマーク表示

2020/9/2 20:03
地図に野犬の出没情報が表示される「しゅうなん通報アプリ」のイメージ

地図に野犬の出没情報が表示される「しゅうなん通報アプリ」のイメージ

 野犬に市民がかまれるなどの被害に悩まされている周南市は、目撃情報を通報するスマートフォン向けのアプリを導入する。出没状況を把握し、市民の安全確保と効果的な捕獲につなげる。市によると、全国初の仕組みという。

 市民が野犬を見つけた現場で写真を撮影し、場所や日時、野犬の数などをアプリに入力。アプリの地図上に「犬」のマークが示され各地の目撃情報を確認できる。市民が道路の損壊などを伝える「しゅうなん通報アプリ」に機能を追加した。10日に配信を始める。アプリは利用無料で約2700件のダウンロードがある。

 市にはことし4〜7月に野犬関連の苦情などが101件寄せられた。市民が野犬に追いかけられたのは6件。昨年度は2人がかまれ軽いけがをした。

 昨年4月に初当選した藤井律子市長は野犬対策を公約の一つに掲げる。市は県と連携し、おりの増設やパトロールを強化。捕獲数は昨年度が841匹、本年度は7月末までで233匹に上る。2日に会見した藤井市長は「捕獲を増やしてきたがまだ多い。市民からの情報を基に対策し、安全向上につなげたい」と説明した。(川上裕)

【関連記事】

野犬対策で協力呼び掛け 周南緑地近くの商業施設

野犬の餌やり違反で3人指導

アナグマ出没増加中 広島・南区の住宅地で目撃相次ぎ20年度6件


この記事の写真

  • 野犬情報の通報アプリを説明する藤井市長
  • 周南市の公園をうろつく野犬

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧