地域ニュース

【詳報・河井夫妻事件第4回公判】秘書証言<1>克行代議士「後援会は家族」

2020/9/2 23:35

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=と妻の案里被告(46)=参院広島=の第4回公判が2日、東京地裁であった。前日に続いて克行被告の藤田一公設第1秘書が証人として出廷。「約100回の取り調べを受けた」などと語った。

 克行被告の弁護人 経歴から尋ねる。2017年からか、2019年からですか。もう一度確認したい。

 証人 17年です。

 弁護人 衆院選があった17年7月ごろから克行氏の下で仕事をするようになったのか。

 証人 そうです。

 弁護人 克行被告が7回目の当選を果たした時か。

 証人 そうです。

 弁護人 秘書になったのはいつか。

 証人 私設秘書になったのが17年7月です。1年後の18年7月1日付で公設第2秘書になり、19年1月1日に公設第1秘書になりました。

 弁護人 案里さんの県議選に関わったことはあるか。

 証人 ありません。

 弁護人 15年4月に4期目の当選を果たしている。関わっているか。

 証人 関わっていません。

 弁護人 スタッフの経歴について尋ねる。前田智代栄秘書と立道浩秘書と比較すれば、秘書の経歴は浅いのか。

 証人 その通り。

 弁護人 後援会の三矢会の実態について尋ねる。克行被告は普段どのような活動をしているか見ていたか。

 証人 見てきました。

 弁護人 週末の会合があれば戻ってきていたのか。

 証人 週末にはほぼ帰られていました。

 弁護人 自分の選挙のある年しか後援会に顔を出さないのか。

 証人 そんなことはありません。

 弁護人 安佐北区出身ですね。

 証人 はい。

 弁護人 西日本豪雨がありましたね。

 証人 はい。

 弁護人 三矢会は、実態のある活動があったのか。

 証人 ありました。
(ここまで 723文字/記事全文 2010文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧