地域ニュース

「よしあきくん」ラッピングバス、4日から運行 鞆の観光や特別展PR

2020/9/4 9:59
ラッピングバスの完成を喜ぶ小林君(左)と若林さん(中)、上野さん

ラッピングバスの完成を喜ぶ小林君(左)と若林さん(中)、上野さん

 福山市鞆の浦歴史民俗資料館は3日、地元の児童たちが作った室町幕府最後の将軍足利義昭のキャラクター「将軍・よしあきくん」のラッピングバスを公開した。バスは4日から来年3月末までJR福山駅から鞆の浦にかけて走る。同館が秋に開く特別展や鞆観光をPRする。

 この日、鞆町のともてつバスセンターでお披露目式があった。キャラクター原案者の鞆の浦学園5年小林法弘君(11)、キャラをデザイン化した穴吹情報デザイン専門学校講師上野リサさん(46)、ラッピングの意匠を考えた同専門学校2年若林里咲さん(20)が、完成を喜び合った。
(ここまで 257文字/記事全文 401文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧