• トップ >
  • トピックス >
  • 【速報】台風10号、7日に中国地方で警報級の暴風 気象台など最大級の警戒呼び掛け

トピックス

【速報】台風10号、7日に中国地方で警報級の暴風 気象台など最大級の警戒呼び掛け

2020/9/4 16:23

台風10号について最大級の警戒を呼び掛ける高見広域防災管理官(右)と大作河川調査官

 非常に強い台風10号について、広島地方気象台と中国地方整備局は4日、広島市中区で合同記者会見を開いた。中国地方では6日から風が強まり、7日に最接近する見込み。警報級の暴風や波浪に見舞われる恐れがあるとし、最大級の警戒を呼び掛けた。

 同気象台によると、広島県には7日の日中に最接近する見通し。高見佳浩・広域防災管理官は「風雨が強まる前に早めの備えを」と強調。中国地方整備局の大作和弘・河川調査官は「台風の接近に伴い、河川の増水や氾濫の恐れがある」と述べ、ハザードマップなどを確認し、避難に備えるよう求めた。

 4日正午現在、台風10号は時速約15キロで西北西へ進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の北東側280キロ以内と南西側220キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

 今後、南大東島に接近するとみられる6日午前3時には中心付近の最大風速が54メートル以上の「猛烈な台風」に変わり、中心気圧は915ヘクトパスカル、最大瞬間風速が80メートル(時速288キロ)、中心から半径350キロ以内が暴風域になると予想されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧