地域ニュース

文化部活動、新たな舞台 コロナ禍、三次の高校生奮闘

2020/9/5 8:00
文芸部の後輩と「ウェブそうぶん」への掲載を喜び合う石垣さん(左端)

文芸部の後輩と「ウェブそうぶん」への掲載を喜び合う石垣さん(左端)

 新型コロナウイルスの影響で活動を制限された文化系の高校生が、新たな発表の場を見つけている。三次市南畑敷町の三次高文芸部3年石垣七桜(なお)さん(17)=三次町=は、全国高校総合文化祭(総文祭)の特設サイトに自作の俳句が掲載された。同市吉舎町の日彰館高吹奏楽部は、今春から延期した定期演奏会を6日午後2時から、三次町の市民ホールきりりで開く。コロナ禍に負けず、青春の輝きを発信する。
(ここまで 191文字/記事全文 973文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 定期演奏会を前に練習に励む日彰館高吹奏楽部の部員たち
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧