地域ニュース

遊具の中にハチの巣、男児刺され軽傷 スズメバチか、井原市教委公表せず

2020/9/5 20:44
男児がハチに刺される事故があり、立ち入り禁止となった遊具

男児がハチに刺される事故があり、立ち入り禁止となった遊具

 井原市美星町の美星天文台の敷地内にある「星っ子広場」の遊具で遊んでいた男児(4)が先月、内部に作られていた巣から出てきたハチに刺され、軽傷を負っていたことが分かった。市教委は管理不足を認め、謝罪している。

 同館を管理する市教委生涯学習課によると、事故は8月3日午後4時ごろ、京都市から40歳代の両親と訪れた男児が、天文台隣の広場(約2400平方メートル)にある、樹脂製の管の内部を動き回って楽しむ遊具(高さ約2メートル)の中で、1人で遊んでいた際に発生。管の内側に10〜15センチ程度の巣を作っていたキイロスズメバチとみられるハチに額や腕、背中の計3カ所を刺された。

 連絡を受けた天文台職員と両親が、男児を近くの診療所に運んだ。治療費は市教委が両親に支払いを申し出たが、遠慮した両親が支払ったという。市教委は事故直後、巣を撤去し、殺虫剤を散布。遊具のそばに立ち入り禁止の紙も張り出した。遊具の安全管理については、職員が外観を見るだけで、管の内部を点検する仕組みはなかった。巣ができた時期は不明。

 天文台が開館した1993年ごろ、遊具は白い半透明だったが、長年日差しにさらされ、現在では黄色に変色し、汚れも目立つ。市教委は今後、撤去を検討している。

 伊藤祐二郎教育長は「管理が行き届かず、けがをさせてしまい申し訳ない」と謝罪。非公表だったことについて、「巣を除いて立ち入り禁止の表示をしており、再発の危険がないと思った」と釈明している。(高木潤)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧