地域ニュース

ハクジャオー、迫力アップ 岩国、アクター起用/特撮動画を配信

2020/9/5 20:59
新体制がスタートし、決めポーズを披露する清流光神ハクジャオー(手前右)たちヒーローや怪人

新体制がスタートし、決めポーズを披露する清流光神ハクジャオー(手前右)たちヒーローや怪人

 岩国市のご当地ヒーロー「清流光神ハクジャオー」の運営組織が変わり5日、同市岩国の国際観光ホテルで新体制のお披露目式があった。新たにプロのスーツアクターが演技を担い、ショーだけでなく特撮や動画配信などにも挑戦。迫力を増した姿で岩国のPR活動に取り組む。

 ハクジャオーは市のシンボルの白蛇をモチーフに、同市錦見の介護士河口久彦さん(56)が2008年に生み出した。河口さんや市内のヒーロファンたちでつくるNPO法人「岩国ヒーロー委員会」が市内外でショーなどを重ねてきたが、会員の高齢化などでことし8月に解散した。

 同NPOに昨年入会したばかりの同市藤生町の榎本将大さん(25)が今月、事業を継承。法人名を「地方創生HEROES」に一新し再出発した。新体制スタートに当たって主題歌も作製。動画配信サイト「ユーチューブ」でショーの配信や特撮の制作を始めるほか、会員制交流サイト(SNS)での情報発信に力を入れファン獲得も目指す。

 新型コロナウイルスの影響でショーの開催が難しいため、当面は動画制作を中心に活動を進めるという。榎本さんは「熱い思いのバトンを受け取った。山口を代表するヒーローに育て上げたい」と意気込んでいる。(坂本顕) 

【関連記事】

ご当地ヒーロー「ごみ退治」 下松で海岸清掃奉仕

森山愛子、ヘビに巻かれ新曲熱唱 「伊吹おろし」

ゆるキャラ「ニシキー」清流線PR

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧