トピックス

台風10号 暴風や高波、厳重警戒 中国地方、昼前にかけ接近

2020/9/6 23:00

台風10号の接近に備え、防潮扉を閉じる作業員=6日午後1時56分、広島市南区の宇品波止場公園(撮影・藤井康正)

 台風10号は、7日明け方から昼前にかけて中国地方に接近する見通しだ。広島、山口、島根県は風速25メートル以上の暴風域に入る恐れがあり、昼前までを中心に大雨や大荒れの天気となる見込み。暴風や高波、高潮、土砂災害、河川の増水・氾濫などへの警戒が必要だ。

【表】台風への備えのチェックリストと非常持ち出し品

 JR西日本は、山陽新幹線の広島―博多間で7日の始発から終日運転を取りやめる。新大阪―広島間は本数を減らして運行する。在来線では、山陽線三原―下関間など広島県内の多くと山口県内の全てで始発から終日運転を見合わせる。

 広島、下関の両地方気象台によると、広島県には7日明け方から朝にかけて、山口県には同日明け方に最接近する見込み。

 6日から7日にかけて予想される陸上の最大風速は山陽、山陰とも20メートル、最大瞬間風速は山陽、山陰とも35メートル。予想される波の高さは山陽2・5メートル、山陰5メートル。山口県の7日の波の高さは瀬戸内側4メートル、日本海側7メートルと予想され、日本海側ではうねりを伴った大しけになりそうだ。

 7日午後6時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で山陽180ミリ、山陰150ミリ。(松本恭治)

【台風10号関連記事】

新幹線6編成、広島・岡山に避難 福岡から

広電・アストラム7日始発から運行見合わせ 宮島のフェリーも

水・食料…停電に備えて 日本防災士会広島県支部事務局長に聞く

広島県知事「ちゅうちょなく避難を」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧