• トップ >
  • >
  • 【さんいん山話】大万木山(1218メートル)=飯南町、庄原市【動画】

トピックス

【さんいん山話】大万木山(1218メートル)=飯南町、庄原市【動画】

2020/9/6 20:27

タコの足のように枝が広がる「タコブナ」

 ▽タコ足の樹形、山の象徴

 山頂に「タコ」がいる。高さ約10メートルのブナの巨木。タコの足のように枝が広がっていることから、地元では「タコブナ」と呼ばれる。不思議な樹形は山のシンボルとしてガイドマップの表紙を飾り、多くの登山客を引きつけている。
(ここまで 122文字/記事全文 770文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 落差12メートルの権現滝
  • 高さ1・5メートルほどのところから枝分かれするタコブナ
  • 門坂駐車場の滝見コース入り口
  • 大万木山の山頂。眺望はない
  • 山頂展望台からの眺め
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事