• トップ >
  • トピックス >
  • 自民総裁選、岸田氏「全てを懸け戦う」 広島の「激励する会」にネット参加

トピックス

自民総裁選、岸田氏「全てを懸け戦う」 広島の「激励する会」にネット参加

2020/9/6 22:33

激励する会でスクリーンに映し出された岸田氏(撮影・安部慶彦)

 8日告示の自民党総裁選に立候補する岸田文雄政調会長(広島1区)は6日、地元の支援者たちが広島市中区のホテルで開いた「激励する会」にインターネットを通じて参加した。集まった約150人に向け「広島のみなさんの支え、いただいた力を胸に、全てを懸けて戦いに臨む」と決意表明した。

 東京・永田町の党本部と会場を生中継で結んでの演説では、新型コロナウイルス禍で、デジタル技術などを活用して個性豊かな地方を育てる「田園都市構想」実現の好機と主張。ともに広島県選出の故池田勇人首相や故宮沢喜一首相に触れ「保守本流の考えを大事に努力する」と意気込んだ。

 自民党県連の宮沢洋一会長(参院広島)は、菅義偉官房長官を5派閥が支援する現状に「安倍路線の承継だけでいいのか、大きな派閥の言行だけで首相が決まっていいのか。これから1週間、波が変わるチャンスがある」と強調した。

 湯崎英彦知事や広島商工会議所の池田晃治会頭はあいさつで、岸田首相の誕生を切望。岸田氏の妻裕子さんは、5派閥がなだれを打った政情を念頭に「大変な理不尽さで、怒りを感じる。最後まで全力で頑張り抜きたい」と誓った。

 会には党県連所属の国会議員8人中、岸田氏を除く7人全員が出席した。このうち2人は総裁選で菅氏についた竹下派に所属しているが、宮沢会長は「岸田氏の選挙対策本部に加わってもらう」と明言した。

 岸田氏はこの日、立候補表明後では初めて地元に戻って会に出席する予定だったが、党の政策責任者として台風10号に対応する必要があるとして断念した。(岡田浩平)


【関連記事】

自民総裁選、8日に告示 3候補、台風対応優先し活動

自民党員に募る不満、地方の声はどこへ… 河井事件/総裁選党員・党友投票見送り

総裁選は菅氏優勢、5派閥支持 岸田、石破氏が出馬表明

自民総裁選へ中国地方選出議員ら奔走 情報収集や相次ぎ会合


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧