トピックス

台風10号、中国地方から北へ 暴風にはなお警戒

2020/9/7 12:28

堤防を越える高潮が打ち付ける田尻港周辺=7日午前7時51分、福山市田尻町(撮影・井上貴博)

 大型で強い台風10号は7日午前11時半現在、速度を速めながら北に進み、中国地方から次第に遠ざかりつつある。広島地方気象台などは、引き続き同日夕にかけて暴風に警戒するとともに、8日にかけて高波、高潮に注意するよう呼び掛けている。

 広島、下関の両地方気象台によると、7日午前11時までの各地の最大瞬間風速は、防府市36・9メートル(7日午前5時50分)▽宇部市33・4メートル(同3時7分)▽山口市前町33・1メートル(同4時6分)▽益田市27・8メートル(同6時24分)▽広島市中区27・2メートル(同8時12分)▽庄原市高野23・9メートル(6日午後10時59分)―などとなっている。

【関連記事】

【速報】広電バスが運行再開へ 

【速報】広電電車が午後2時めどに運行再開 

【速報】アストラムライン、運行再開

国道2号、廿日市市丸石から大竹市玖波まで通行止め 台風10号

停電、山口県内で8万3560戸 台風10号

山口県内の4人軽傷、台風10号



この記事の写真

  • 台風10号の被害を受けた山口市の中心商店街の店舗を調べる消防関係者(7日午前7時45分)
  • 強風で外壁が剥がれ落ちたとみられる山口市の中心商店街の建物(7日午前7時20分、画像の一部を修整しています)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧