地域ニュース

猪原と岩倉、独自の自然美 竹喬と同窓、笠岡で新収蔵作品展示

2020/9/7 9:59
特別陳列で展示されている猪原大華の「部屋の花」(右)と「壺之花」

特別陳列で展示されている猪原大華の「部屋の花」(右)と「壺之花」

 新たに寄贈された日本画を展示する特別陳列「新収蔵 猪原大華と岩倉壽(ひさし)」が笠岡市の市立竹喬美術館で開かれている。福山市神辺町出身の猪原(1897〜1980年)と香川県出身の岩倉(1936〜2018年)は、ともに笠岡市出身の日本画家小野竹喬(1889〜1979年)と同じ学校(現京都市立芸術大)で学んでおり、独自の視点で自然を表現した作品が並ぶ。
(ここまで 176文字/記事全文 574文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧