トピックス

北広島町の宮本前議長が辞職願提出 克行被告から現金受領

2020/9/7 13:41

宮本裕之氏

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=から現金20万円を受け取り、その後返したことを明らかにした広島県北広島町議会(定数16、欠員2)の宮本裕之前議長(61)が7日、浜田芳晴議長(72)に宛てて議員辞職願を提出した。16日付で辞める見通し。

 宮本氏は7月15日、「(現金受領の)責任やけじめを取りたい」として9月の町議会定例会で議員辞職する考えを示していた。議長職は、7月20日の町議会臨時会で辞任している。

【関連記事】

自民県連処遇に厳しい視線 河井夫妻の被買収者、役員・顧問11人

「被買収者」の地元政治家40人明らかに 河井夫妻買収事件初公判

北広島町の宮本氏が議長辞職 克行被告から現金20万円受領

広島県北広島町議長が議員辞職へ 克行被告から現金受領

受領者全員、刑事処分せず 検察当局方針「一方的に現金」 大規模買収事件、河井夫妻8日起訴



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧