地域ニュース

「運甓居」後世へ語る絵本 三次の行政さん、収益を維持費に

2020/9/10 8:00
運甓居を題材に頼杏坪の功績を紹介する絵本をグループのメンバーと掲げる行政さん(左から2人目)

運甓居を題材に頼杏坪の功績を紹介する絵本をグループのメンバーと掲げる行政さん(左から2人目)

 三次市の住民グループ「運甓居(うんぺききょ)を守る会」の行政豊彦さん(62)=十日市西=が、江戸時代後期に三次町奉行を務めた頼杏坪(らいきょうへい)の業績と、三次町に残るかやぶきの役宅「運甓居」を題材にした絵本を作った。千部作り、収益金を建物の維持管理や伝承活動に充てる。
(ここまで 137文字/記事全文 529文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 県史跡の運甓居
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧