地域ニュース

特定健診の受診低迷 広島市、コロナ影響で4―6月前年比4割減

2020/9/10 21:07

 新型コロナウイルスの影響で、広島市が国民健康保険(国保)の加入者向けに行っている特定健診の受診者数が低迷している。今年4〜6月の受診者数は前年同期に比べ約4割減少。市は健診を受けて生活習慣病を予防することが新型コロナの重症化を防ぐことにもつながるとして、健診会場で感染対策を講じながら受診を呼び掛けている。
(ここまで 154文字/記事全文 829文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧