トピックス

岸田氏、著書発売の書店でサインや記念撮影

2020/9/11 18:25

自身の著書を購入した女性と記念撮影に応じる自民党の岸田政調会長(左)

 自民党総裁選に立候補している岸田文雄政調会長(広島1区)は11日、この日発売した初めての著書「岸田ビジョン 分断から協調へ」(講談社)が並ぶ東京都千代田区の書店を訪れた。自身の政権構想や生い立ちなどをつづった一冊で、買い求めた人たちからのサインや記念撮影に気軽に応じた。

 当初は15日の発売を予定したが、突然辞任表明した安倍晋三首相の後任を決める総裁選の投開票が14日に設定されたため、11日に前倒しした。総裁選は2位争いを演じる厳しい情勢だが、岸田氏は「党員や国民に顔をしっかり向けていきたい」と力を込めた。

 地元広島では、広島市安佐南区のフタバ図書MEGA中筋店が店舗入り口の正面にコーナーを特設。平積みで並べた本のそばに出版社が作った等身大パネルを置いたり、岸田氏本人が著書の内容を紹介する動画を流したりしてPRする。(下久保聖司)

【関連記事】

総裁選、3候補アピール続ける 14日の両院総会へ

石破氏メディアに、岸田氏は街頭 菅氏は公務の合間にオンライン

菅氏、消費税増税必要と明言 「人口減避けられず」と強調

家康・光秀・秀長…立ち位置想起 自民党総裁選の公開討論会

次期首相、菅氏が50% アベノミクス見直し58%

【激震 前法相夫妻事件】1億5000万円「責任」三様 自民総裁選候補、対応示さず


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧