地域ニュース

【アマゴルフ】金谷、全米オープンへ意気込み プロ転向は「タイミング見て」

2020/9/11 19:23
全米オープンに向けて意気込む金谷(撮影・浜岡学)

全米オープンに向けて意気込む金谷(撮影・浜岡学)

 男子ゴルフの金谷拓実(東北福祉大、広島国際学院高出)が11日、アマチュア世界ランキング1位として初出場する全米オープン選手権(17日開幕・ニューヨーク州)への出発前に東京都内で記者会見した。日本男子アマでは初の三つ目のメジャー大会出場に「ローアマチュアを取ることが目標だけど、出る試合は優勝を目指す」と意気込んだ。

 肩の力は抜けていた。10日、世界一のアマチュアに贈られる「マコーマックメダル」の受賞が発表された。日本人初の快挙に注目度は増すが「やるべきことやるだけ。自分のベストを尽くして、成長したかどうかは周りの方が感じられること」と浮足立たない。

 2018年のアジア・パシフィック・アマチュア選手権で優勝。19年はマスターズ・トーナメントと全英オープン選手権に出場、日本ツアーではアマチュアとしては史上4人目の優勝も果たした。今季の初戦となった先週のフジサンケイ・クラシックは5位。「不安だったけど、上位でプレーできて自信になった」という。

 プロ転向は「タイミングを見て」と話すにとどめた。世界ナンバーワンアマの看板を背負う舞台に気負いはない。(中橋一誠)


【全文・記者会見】「自分らしく上位目指す」


【関連記事】
 金谷「マコーマックメダル」日本選手で初

 福山の大会に小学生の金谷

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧