トピックス

益田市職員が飲酒運転

2020/9/11 21:13

益田市役所

 益田市は11日、政策企画局所属の会計年度任用職員男性(57)が2日に市内で飲酒運転したと発表した。市は3日に把握したものの公表しておらず、「起訴されるか分からないので公表しなかった」としている。

 市によると、男性は2日午後6時半ごろ、同市高津の自宅で焼酎をグラス5杯ほど飲み、車で近くのコンビニに行った。同9時ごろに買い物を終えて車に乗り込む際、益田署員の職務質問を受けたという。男性は市の聞き取りに「家庭内でいさかいがあったのでやった」などと話しているという。益田署が道交法違反の疑いで任意で調べている。

 市は11日に男性から「益田署に焼酎を飲んだグラスを提出した」と報告があったため、記者会見を開いた。政策企画局の島田博局長は「起訴される可能性が高くなったので公表した。処分するかどうかは刑事処分をもって判断する」と説明。山本浩章市長は会見に出ず「深くおわび申し上げる」とコメントした。(根石大輔)

【関連記事】

スノボ平岡被告懲役2年6月求刑 ソチ五輪銅メダル、追突事故

飲酒運転根絶へ折り鶴渡す、福岡 3児死亡事故から14年

飲酒運転、身勝手な動機浮き彫り 広島県警が摘発者など聞き取り

増えています広島県内の飲酒運転事故 1〜3月に23件、昨年同期より9件増

飲酒事故、4件増80件 広島県内昨年、死者は3人増7人


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧