• トップ >
  • トピックス >
  • 11日の感染者は関東の建設業従事者 鳥取県、新型コロナで発表 

トピックス

11日の感染者は関東の建設業従事者 鳥取県、新型コロナで発表 

2020/9/12 12:22

鳥取県庁

 鳥取県は12日、新型コロナウイルス感染が11日夜に判明した30代男性が、関東地方在住の建設業従事者であることを明らかにした。仕事のため県西部を訪れていた。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 男性は6日、自家用車で県内入り。同僚も同乗していたという。同日は県中部の宿泊施設に泊まり、7日に県西部の宿舎へ移動。8日に発熱や吐き気、頭痛の症状が出て、体の痛みも出た9日夜に県西部の医療機関に救急搬送され、感染性胃腸炎と診断された。10日に回復し、現在は症状はないという。

 現場入りを前に、会社からPCR検査を受けるよう要請があり、11日に県西部の医療機関で自費検査を受け、陽性となった。

 県は12日、同じ宿舎の滞在者たち濃厚接触者18人や医療、救急関係の接触者15人などに対し、PCR検査を実施する。

 現時点の県内の感染者はこの男性1人。 

【関連記事】

鳥取県で1人感染 新型コロナ、県外在住の男性

「コロナ感染者は入院」 鳥取知事、運用維持の方針

感染防止策徹底、エリアで「宣言」 鳥取県スタート

鳥取県、クラスター対応条例案 全国初、営業停止や名称公表

医療体制などで島根と鳥取連携 新型コロナ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧