トピックス

アストラムライン、白島駅でドア開閉忘れる

2020/9/13 15:20

アストラムライン

 広島高速交通(広島市安佐南区)が運行するアストラムラインで12日午後9時59分、停車した白島駅(中区)で列車のドアの開閉を忘れるミスがあったことが分かった。計6人が乗降できなかった。男性運転士(43)の不注意が原因。同社が13日に発表した。

 同社によると、本通駅(中区)発広域公園前駅(安佐南区)行きの列車が白島駅に止まった際、列車のドアが開閉しなかった。ホームにいた1人が乗車できず、列車内にいた5人が降りられなかった。6人は、次の牛田駅(東区)で降りて引き返すなどしたという。

 白島駅のホームにいた利用者が、直後に同駅のインターホンで連絡して発覚した。運転士がドアを開けたと思い込み、確認していなかったという。

 この日は午後3時ごろ、列車とホームのドアが連動して開閉する同駅の装置に不具合が発生。運転士がそれぞれのドアを操作する必要があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧