トピックス

岩国基地の騒音一部増 F35B追加配備、予測図に国が回答

2020/9/14 22:45

 岩国市と山口県は14日、米軍岩国基地への最新鋭ステルス戦闘機F35Bの追加配備計画を巡り、国に照会していた騒音予測図の提示や航空機運用などへの回答があったと発表した。騒音の範囲は周防大島町や市の島しょ部など一部地域での増加が明らかになった。市と県は回答内容を精査し、対応を明らかにする。

 米軍は10月以降、段階的に既存のFA18ホーネット戦闘攻撃機12機を米本土に移駐し、代わりにF35B16機を配備する方針。国は騒音予測図で住宅専用地域の環境基準超えとなる「うるささ指数」(W値)70以上のエリアを示した。FA18と比べ、離陸時の騒音値が高く着陸時は低い特性を踏まえた結果、「陸上部分においては、70W以上の地域が一部増加する」とした。

 周防大島町の伊保田地区周辺や岩国市の柱島などで70W以上のエリアが増えるという。一方で標準的な飛行の場合、航空機は離陸後、岩国市街地を避け海側に旋回することから「海側への影響はあるものの、市街地への影響は大きくない」とみている。

 米軍岩国基地の航空機数は現在、海兵隊が約60機、海軍が約60機。今回の計画で所属機が4機増となることに対しては、F35Bを2017年に初めて配備した際に4機減となったことを踏まえ「結果的に総数は大きく変動しない」との認識を示した。F35B追加配備後の訓練場所や内容、飛行ルートは「詳細は米軍の運用に関わることであるため承知していない」とした。(永山啓一)

 <クリック>うるささ指数(W値) 航空機騒音の評価指標の一つ。騒音が続く時間や回数、時間帯を考慮して算出する。昼間より生活への影響が大きい夜間を重視して評価する。数値が大きいほど騒音がひどいことを表す。国は環境基準で住宅専用地域では70以下と定めている。70は地下鉄車内に相当する80デシベルの音が日中に1日50回あったときのうるささに相当する。

【関連記事】

安全懸念や見返り要望 F35B追加配備、岩国市議会で質疑

戦闘機4機増、国の説明に岩国市長「騒音増加を懸念」 

米軍機騒音16・8%増 広島県

異端の岩国 <中> 国防に協力の特別感 注ぐ基地マネー、幅広く


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】山口県は26人感染 6日の新型コロナ (5/6)

     山口県で6日、新たに26人の新型コロナウイルス感染が確認された。防府市11人、岩国市6人、周南市3人、宇部市2人、山陽小野田市、美祢市、下関市、兵庫県が各1人。

  • 【詳報】島根県松江市で1人感染 6日の新型コロナ (5/6)

     松江市は6日、新たに市内在住の1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。島根県内の5月の感染発表は計19人となった。 松江市によると、感染者は4月28日に県が感染を発表した同市在住者の同居人。濃...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (5/6)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 【速報】島根県1人感染 6日新型コロナ (5/6)

     松江市は6日、新たに市内在住の1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 島根県内の5月の感染発表は計19人となった。【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 【速報】鳥取県で3人感染 5日の新型コロナ (5/5)

     鳥取県は5日、3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は380人となった。