地域ニュース

「首相連続在職最長」看板も降板 山口県、公費設置に批判続く

2020/9/16 23:00
県政資料館バルコニーから安倍首相の在職最長を祝う看板を撤去する県職員

県政資料館バルコニーから安倍首相の在職最長を祝う看板を撤去する県職員

 山口県は16日、安倍晋三前首相の連続在職日数が憲政史上最長となったことを祝い県庁に掲げていた横断幕と看板を下ろした。当初は10月9日まで予定していたが、安倍内閣が総辞職し、新内閣が誕生したこの日を節目と判断。一方、県には公費での設置に批判的意見も多く寄せられている。

 午後6時に作業が始まり、「祝 総理連続在職日数歴代最長達成」と記された県庁敷地内の県政資料館バルコニーの看板と県庁玄関の横断幕を相次ぎ取り外した。安倍前首相の地元下関市も同時刻に市役所に掲げていた横断幕を下げた。
(ここまで 241文字/記事全文 610文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧