地域ニュース

【女子サッカー】<スポーツ最前線>プロリーグ参入巡り揺れる広島女子サッカー アンジュ、存続へ奔走

2020/9/18
アンジュヴィオレ広島の存続のため、スポンサー探しに賛同するNPO法人広島横川スポーツ・カルチャークラブの臨時総会

アンジュヴィオレ広島の存続のため、スポンサー探しに賛同するNPO法人広島横川スポーツ・カルチャークラブの臨時総会

 広島の女子サッカー界が揺れている。2021年秋開幕の女子プロリーグ「WEリーグ」に参入申請したJ1広島は、アンジュヴィオレ広島との協力を打ち出していたが、ゼロからクラブをつくることに方針を転換。9年にわたり、競技普及に努めてきたアンジュヴィオレは来季の運営難に陥り、存続を懸けて新たなスポンサー探しに奔走している。

 ▽J1広島が翻意

 アンジュヴィオレは当初、WEリーグへの参入申請を視野に入れていた。7月にJ1広島が手を挙げたことで、協力を打診。J1広島は「志を引き継ぎたい」と下部組織の受け入れに前向きだったが「社内で、プロ選手を自前で育てたいという意見が強かった。決定が遅くなったことは申し訳ない」と仙田信吾社長は破談の理由を説明。トップチームだけでなく下部組織も引き継がないことを決めた。

 ▽アマで運営、企業傘下も視野
(ここまで 363文字/記事全文 1174文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧