地域ニュース

中国地方、18日にかけ大雨の恐れ 気象台など注意呼び掛け

2020/9/18

 西日本に停滞している前線の影響で、中国地方では18日にかけて大雨になる恐れがあるとして、広島地方気象台などは17日、土砂災害や低い土地への浸水被害、河川の増水に十分注意するよう呼び掛けた。
(ここまで 95文字/記事全文 294文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧

  • モデル校で防災学習へ 府中市、ブロック塀安全対策協議 (10/24)

     府中市は23日、小学校の通学路にある危険なブロック塀の安全対策を考える協議会を開いた。市内の小学校1、2校をモデル校に選び、本年度中に地域ぐるみでの防災学習を実施する方針を決めた。

  • ポリ袋で炊飯、有事の備え 庄原の口南小で防災授業 (10/22)

     庄原市口和町の口南小で21日、防災を考える授業があった。3年生11人が非常時の炊飯の方法や避難所の仕組みなどを学んだ。総合的な学習の一環。

  • 声掛け合い避難、防災隣組が報告 新市で講座 (10/22)

     災害時の避難方法を考える防災講座が20日夜、福山市新市町の新市公民館であった。同町の新市学区9―1町内会が、近くの住民で声を掛け合って一緒に避難する「防災隣組」の取り組みを報告した。

  • 原発事故想定で、60万人分の避難先確保 島根県 (10/22)

     中国電力島根原発(松江市鹿島町)の事故を想定した住民避難に備え、島根県は21日、大まかな目安として最大60万人分の避難先と、同6千台のバスを確保できると明らかにした。原発から30キロ圏内の人口は約4...

  • イノシシ肉で災害時非常食 益田の精肉店が開発 (10/22)

     益田市二条地区で捕獲されたイノシシ肉を使い、同市桂平町のタケダ猪精肉店が保存食の玄米カレーリゾットを作った。「厄介者」の有害鳥獣を災害時の非常食として役立たせる。市に100食を寄贈した。