• トップ >
  • トピックス >
  • 岸氏の初入閣祝う垂れ幕見送り 地元の田布施町長「自治体は中立でなければ」

トピックス

岸氏の初入閣祝う垂れ幕見送り 地元の田布施町長「自治体は中立でなければ」

2020/9/18 18:56

「自治体は政治的に中立でなければならない」と岸防衛相の初入閣を祝う垂れ幕を庁舎に掲げない考えを示した東町長

 山口県田布施町の東浩二町長は18日、同町出身の岸信夫防衛相(山口2区)の初入閣を祝い庁舎に公費の垂れ幕などは掲げない考えを示した。「自治体は政治的に中立でなければならないという話で」と述べた。

 【画像】安倍前首相の在職日数最長を記念した等身大パネル

 町議会全員協議会で答えた。東町長は、安倍晋三前首相の連続在職日数の最長を祝い県が公費で看板や横断幕を掲げたことに県民たちから批判が多く寄せられていることを念頭に「(垂れ幕の)準備は進めていたが、県庁のこともありまして」と答弁。「町民から意見をもらい、庁内でずいぶん検討したが、こういった経緯をみて今回は見送る」と説明した。

 県は、第1、2次政権発足時と通算在職日数の最長記録を更新した昨年11月にもお祝い行事をしている。前回は伊藤博文や桂太郎ら県出身の歴代首相7人と安倍首相を並べて紹介する「山口県の総理大臣展」を約300万円かけ開催。自民党員の村岡知事や安倍前首相の地元秘書たちがテープカットをして祝った。


 【関連記事】

 内部告発した職員を「隔離」か、田布施町 1人だけ別施設の畳部屋

 町長「畳部屋異動」を謝罪 職員の業務評価「0点」撤回【動画】

 畳部屋の職員を早期異動へ 町長「本人の希望聞く」

 首相在職最長 山口県庁に祝福の横断幕

 「首相連続在職最長」看板も降板 県の公費設置に批判続く


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧