地域ニュース

【詳報・河井案里被告第11回公判】(9月18日)平本県議証言<6>罪の意識はあったと思う

2020/9/19 0:27

 弁護人 きょうのことは捜査段階で検察官に認めなかったか。

 証人 はい。

 弁護人 証人の自宅に捜索が入ったか。

 証人 入りました。

 弁護人 認めなかった後に捜索があったか。

 証人 そうです。捜索まで認めなかったです。

 弁護人 捜索の後に取り調べがあったか。

 証人 そうです。

 弁護人 資料を見ると、4月16日に捜索が入って、あとの取り調べでもらったと話したか。

 証人 そうです。

 弁護人 それは2回目の取り調べか。

 証人 いいえ。まだあります。

 弁護人 何回目か。

 証人 5回か6回あったんじゃないかと思います。

 弁護人 5回か6回で認めたか。

 証人 その後に家宅捜索があって認めました。

 弁護人 5、6回認めなかったのに、捜索があった後、すぐの取り調べで認めたのか。

 証人 そうです。

 弁護人 お金を受け取った後も案里さんに返そうとしていたのにか。

 証人 もらったというのは、預かったということでどうにか返そうと思っていました。

 弁護人 犯罪に当たるという意識は今もあるか。

 証人 やはりもらったらいけないと思います。悪いことという意識はあったと思います。手元にあったので罪の意識はあったと思います。

 弁護人 刑事責任についてどう思うか。

 証人 私では判断ができないです。

 弁護人 検察官の取り調べの間、処分がどうなるか言われたか。

 証人 ありません。

 弁護人 処分がどうなるか検察官に聞いたか。

 証人 聞きませんでした。

 弁護人 なぜか。

 証人 司法が判断する。私が判断できないと思います。

 弁護人 自分がどうなるか気になるのに、聞かなかったか。

 証人 いいえ。しなかった。

 弁護人 なぜか。

 証人 それは分かりません。とにかく聞いていません。

 弁護人 市民団体が、お金をもらった人の告発状を広島地検に提出したのをご存じか。

 証人 知っております。

 弁護人 感じることは。
(ここまで 786文字/記事全文 2117文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧