地域ニュース

疎開時の記憶、同級生と回顧 入市被爆した広島の川本さん

2020/9/19 8:03
被爆体験伝承者を前に、学童疎開中の記憶を語る川本さん(奥右)と藤川さん(同左)

被爆体験伝承者を前に、学童疎開中の記憶を語る川本さん(奥右)と藤川さん(同左)

 原爆で家族を失った広島市西区の川本省三さん(86)が、戦時中に学童疎開していた善徳寺(三次市廻神町)を訪ね、当時通った神杉国民学校(現神杉小)で机を並べた同級生の藤川寿雄さん(87)=同市三良坂町長田=と再会した。入市被爆した川本さんの記憶を語り伝える広島市の被爆体験伝承者10人も同席し、戦況が悪化するばかりだった75年前の記憶をたどった。
(ここまで 172文字/記事全文 726文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧