地域ニュース

熊野筆まつり、オンラインで コロナによる中止受け、22―27日ライブ配信や販売

2020/9/19 8:03
熊野バーチャル筆まつりのトップページ

熊野バーチャル筆まつりのトップページ

 広島県熊野町の筆の製造や販売業者たちでつくる熊野筆事業協同組合などは22〜27日、「熊野バーチャル筆まつり」をオンラインで開く。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて中止された筆まつりの代替企画。筆供養のライブ配信や筆のインターネット販売など多彩な内容で熊野筆の魅力を発信する。

 筆まつりは、日本一の筆の産地・熊野町を象徴するイベントで、町商工会などでつくる実行委員会が毎年、秋分の日に開いてきた。役目を終えた筆を焼く筆供養や、町内の筆メーカーが毛筆や化粧筆を販売する筆の市などがあり、県内外から例年約5万人が訪れる。

 今年は、コロナ禍の中で筆まつりの通常開催が困難となる中、筆に関わるイベントを続けようと同組合などが実行委を結成して案を練り、開催にこぎ着けた。催事の中止などで激減している筆の販売機会をつくる狙いもある。

 初日の22日は午前9時半から、神社で関係者限定で実施する筆供養をライブ配信する。同日午後2時からは、熊野筆の伝統工芸士が筆作りをする様子を中継する。筆の市は、インターネット上で開き、25社が約250種類の5千本以上を最大4割引きで出品する。熊野中と熊野東中による書道パフォーマンスのライブ配信なども予定している。

 同組合の吉川美樹事務局長(46)は「熊野筆に興味を持ち、使ってみようと身近に感じてもらえたらうれしい」と話している。バーチャル筆まつりのURLはhttps://kumanofude―v―fudematsuri.com/(石井雄一)

【関連記事】

元気な文字や流麗な和歌 広島・熊野で「ふれあい書道展」

広島・熊野の歴史研究 集大成を一冊に

【灯を消さない コロナ禍と文化】所蔵品の魅力再発見 広島県内の美術館


この記事の写真

  • ネット販売される貴重な筆を手に熊野バーチャル筆まつりをPRする吉川事務局長

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧